サイコセラピーを再開しました

サイコセラピー
サイコセラピーの様子

2019年7月から歯科(心身医学)医師であり心理療法家(サイコセラピスト)の高岡美智子先生をお招きし、条件反射制御法を核としたサイコセラピーを再開しました。

条件反射制御法は維持を続けることが大変重要です。ですが、維持ステージに入ると慣れからか、治療の継続の必要性が実感されなくなっていきます。
メビウス千葉では、維持を続けられているか、続けられないとしたらどのような原因か、維持を続けることの必要性とメリットなどを本人に自覚してもらう手助けをしています。

条件反射制御法は、一人ひとりメニューが決まっていますが、サイコセラピーでは何を話すかという決まりはありません。日常的な話から、人間関係や将来の悩みなど、話題は人それぞれです。自由に話す中で、自分が何を求めているか気付いたり、求めているものを実現するためにどうすればいいか、必要に応じて支援を行っています。
サイコセラピーの頻度も週1度から月1度など、その人の話したい内容に応じて決めています。

本人の気付きや主体性を尊重し、自主的に維持作業や活動に取り組めるよう、一人ひとりに合ったサポートを提供します。